新規お取引 相談窓口
製品データ(PDF)ダウンロード POPデザイン 宣材画像 ロゴ 無料 ダウンロード Youtube 公式チャンネル 南部せんべい乃巖手屋

現在のかごの中

合計数量:0

商品金額:0円

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

営業カレンダー

2023年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2023年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

※赤字は休業日です

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子  お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子 お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子  お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子 お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子  お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子 お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子  お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子 お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子  お土産 岩手 東北

せんべい 南部せんべい 焼き菓子 お菓子 和菓子 お土産 岩手 東北

【ね】 ねんりん 9種 50枚入(5個入×1ボール)

商品コード:
1986-B
メーカー希望小売価格
15,750円 (税込8% 17,010円)

リードタイム:ご決済手続き完了後、1~2営業日以内に当店より出荷(土日祝除く)

JANコード:
4901384239962
注文受付数: 1個 ~ 99個まで
9種類の詰合せ。ニ度焼ごま、落花生せんべい、いかせんべい、りんごせんべい、まめごろう各6枚。しょうゆ南部(胡麻)、まめ醤油せん、 かぼちゃせんべい、みちのくみどりちゃん各5枚。1枚個包装。

製品スペック

商品コード1986
品名ねんりん
賞味期限90日
規格
商品1個あたり / 50枚 (各6枚/二度焼ごま・落花生せんべい・いかせんべい・りんごせんべい・まめごろう 各5枚/しょうゆ南部(胡麻)・まめ醤油せん・かぼちゃせんべい・南部せんべい抹茶みどりちゃん)
ボール単位 / 5個入×1ボール
ケース単位 / 5個入×1ボール
参考売価¥3,000
JANコード4901384239962
ITFコード0054901384239967
ピースサイズ355×310×65 (1,500g)
ボールサイズ465×355×375 (8,180g)
ケースサイズ465×355×375 (8,180g)
原材料【落花生】小麦粉(国内製造)、落花生、でん粉、砂糖、食塩/重曹、(一部に小麦・落花生を含む)、【二度焼】小麦粉(国内製造)、胡麻、でん粉、すり胡麻、食塩/重曹、(一部に小麦・ごまを含む)、【しょうゆ南部胡麻】小麦粉(国内製造)、胡麻、でん粉、醤油、砂糖、食塩、唐辛子/重曹、(一部に小麦・大豆・ごまを含む)、【まめ醤油】小麦粉(国内製造)、落花生、砂糖、でん粉、醤油、食塩、水飴、発酵調味料、酵母エキス、唐辛子/重曹、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、(一部に小麦・落花生・大豆を含む)、【まめごろう】小麦粉(国内製造)、落花生、砂糖、マーガリン、鶏卵、ピーナッツペースト、食塩/ベーキングパウダー、(一部に小麦・落花生・卵・大豆を含む)、【かぼちゃ】小麦粉(国内製造)、パンプキンシード、砂糖、鶏卵、マーガリン、粉末油脂、パンプキンパウダー、食塩/トレハロース、ベーキングパウダー、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)、【抹茶みどりちゃん】小麦粉(国内製造)、カシューナッツ、砂糖、マーガリン、加糖練乳、粉末油脂、抹茶、食塩/トレハロース、ベーキングパウダー、(一部に小麦・乳成分・カシューナッツ・大豆を含む)、【いか】小麦粉(国内製造)、いか加工品(いか、砂糖、醸造酢、乳糖、食塩、唐辛子)、胡麻、マーガリン、でん粉、砂糖、水飴、燻製胡麻、するめ粉、食塩、醤油加工品(醤油、砂糖発酵調味料、米発酵調味料、わかめ、こんぶ)/ソルビトール、酸味料、重曹、調味料(アミノ酸等)、ポリリン酸Na、(一部に小麦・乳成分・いか・大豆・ごまを含む)、【りんご】小麦粉(国内製造)、りんごチップ(りんご、植物油、水飴)、胡麻、マーガリン、でん粉、砂糖、水飴、食塩、はちみつ/トレハロース、重曹、ビタミンC、酸味料、香料、甘味料(スクラロース)、(一部に小麦・大豆・りんご・ごまを含む)

含まれるアレルギー物質(28品目中)

小麦、ごま、大豆、落花生、卵、乳成分、カシューナッツ、いか、りんご

南部せんべいとは?

南部煎餅の由来はいくつかありますが、600年ほど前(建徳年間)、長慶天皇が南部地方巡幸の際、家臣が付近の農家から手に入れたそば粉を練って丸い形に焼き、胡麻をふったものを天皇に供したというものが代表的です。その後、今から450年ほど前には南部藩の野戦食として食べられていました。また、南部藩の領民は白いお米は手に入りませんでしたので、そばや大麦を主原料として主食や間食用として食べておりました。

明治時代に入り小麦粉が主原料となった頃から商品として本格的につくられるようになり、1952(昭和27)年、砂糖の統制解除とともに洋菓子が普及し、一時哀退しておりましたが、全国で実演即売をおこなうなどのPRをした結果、岩手の代表的銘菓として評価を得るようになりました。

南部せんべい乃巖手屋とは?

昭和23年に、小松シキが21丁の焼き型から始めたせんべい屋です。

シキが12歳の頃、青森県の小さな町のせんべい屋に奉公していた際に覚えたせんべい焼きが南部せんべいとの出会いでした。当時は胡麻せんべいが主流で、昔はどこの家でも囲炉裏端で焼いていたものです。

一枚のせんべいには、自然の恵みに加え、お客様をはじめ多くの方々のご縁とご協力をいただいております。この感謝の気持ちを忘れずに、これからもより良い商品を作ってまいります。「感謝と創造」を基本に、巖手屋はこれからも“まごころ”を形にして、皆様にお届けします。